B型肝炎について

B型肝炎は日本では集団感染が問題になったことがあります。幼児期に集団予防接種を受けていた方の中で、注射器の使い回しをされてしまいB型肝炎に感染したというケースがたくさんあるのです。このようなことが戦後数十年にわたって続けられていました。B型肝炎ウイルスは血液感染してしまうため、注射器の連続使用によってどんどんウイルスが蔓延してしまう可能性があるのです。このような状況を放置していた口の責任はとても重いでしょう。

裁判そこでB型肝炎の感染者の中で集団感染訴訟が実施されました。その合意が締結して、最終的には給付金を支給するための法律が制定されたのです。特別措置法が施行されて、要件を満たしているならば給付金をもらえるようになりました。

ただし、未だに給付金をもらっていない方はたくさんいます。給付金を支給されるためには裁判をしなければいけません。これについてハードルが高いと感じてしまう方が多いのです。また、このような制度が存在していることを未だに知らない方もいます。自分が要件を満たしていることを知らないケースもあるのです。

こちらではB型肝炎の給付金について、これから請求をしたいという方のための情報を提供しましょう。特に弁護士に相談することに注目しています。B型肝炎の給付金については、弁護士に相談することのメリットがたくさんあるのです。実際に相談をする際に知っておくべき弁護士の選び方や費用について教えましょう。参考にしてください。